便秘が良くなる食べ物|善玉菌を増やして悪玉菌を減らす

便秘を解消するためには、やはり食生活を変える必要が
あります。便秘になりやすい食べ物を控えて、便秘に
良い食べ物をたくさん食べる
ことがとても大切です。

便秘を解消するには、腸内細菌の善玉菌を増やして
悪玉菌を減らす
ことです。つまり、善玉菌を元気にする
食べ物を食べて、悪玉菌を元気にする食べ物を控えること
です。

悪玉菌を元気にする食べ物は、肉類です。少量であれば
肉に含まれる脂によって便の通りがよくなることはありますが
悪玉菌のエサとなるので、食べ過ぎてしまうと悪玉菌が元
気になってしまいます。

悪玉菌が元気になると、食べたものどんどん腐らせ有毒物質
を作り出します。この有毒物質が腸の動きを鈍らせたり、
臭いおならの原因になったりします。さらに、有毒物質が
血管から全身に回り、肌荒れや体臭の原因にもなります。

善玉菌を元気にする食べ物はヨーグルトや漬物です。
善玉菌の1つである乳酸菌が多く含まれています。さらに、
善玉菌のエサとなるオリゴ糖を多く含む玉ねぎ、ゴボウなど
の野菜や大豆などの豆類、バナナなどもお勧めです。

さらに、善玉菌の増殖を助けたり、悪玉菌が出す毒素を吸着
してくれる食物繊維が多く含まれている野菜、穀物、海草、
豆類、果物などです。

善玉菌の1つビフィズス菌を元気にするにはオリゴ糖
も便秘解消に効果があります。

関連記事

関連記事がありません。