便秘になると肌荒れやきびができやすい|腸で作られた有害物質が原因

便秘が続くと肌荒れ、ニキビができやすいと言う人は多い
と思います。便秘と肌荒れ、ニキビには直接的ではないです
が関係があります。

便秘になるということは、腸の働きが鈍っている、悪玉菌の
腸内細菌が多くすんでいる
ことが考えられます。悪玉菌は、
腸内で食べ物を腐らせて有毒物質を作り出します。

動きが活発な腸(健康な腸)であれば、この有毒物質が発生し
ても吸収せずに跳ね返してしまいます。そして、ウンチとし
て外に排泄します。

しかし、動きが鈍い腸(不健康な腸)は、この有害物質を跳ね
返すことが出来ずに腸の壁から吸収してしまいます。吸収さ
れた有毒物質は、血管を通して全身に運ばれます。そして、
皮膚まで運ばれてニキビを悪化させる原因になります。

さらに、動きが鈍い腸はビタミンやミネラルなどの健康な肌
を作るために必要な栄養素の吸収が減ってしまいます
せっかくお肌の為に摂取した栄養素が、ウンチとして外に
出されてしまうのです。

便秘は肌に悪い有害物質を作り出し、肌に良い栄養素の吸収
をさま食べてしまいます。便秘を解消して、きれいな肌を
取り戻しましょう。

関連記事

関連記事がありません。