便秘薬を上手く利用しながら便秘を治しましょう

どんに優しい便秘薬だとしても、体の負担になります。
さらに、便秘薬に頼ってしまうと徐々に体の排泄機能が弱っ
てしまい、薬がないとウンチが出来ないという状態になる
ことがあります。

なので、便秘は生活習慣や食生活などを見直し、腸の働きを
良くして、自然に排便できるようにすることが理想です。

しかし、あまりにも長い間便秘が続いてしまう場合は、薬を
使ってください。長期間の便秘による害は、便秘薬の害
よりも大きい場合があります。

例えば、硬くなったウンチによりキレ痔やイボ痔になったり、
溜まったガスによるおなかの張りが酷かったり、腹痛などに
より生活が出来なくなるといった場合です。

便秘薬に頼りながら、生活習慣や食生活を改善して徐々に
使う薬の量を減らしていきましょう。

<注意>
妊娠中は市販の便秘薬を使うのではなく、産婦人科の主治医
に相談し、薬を処方してもらいましょう。

関連記事

関連記事がありません。