腸内環境を整える|ビフィズス菌を元気にするオリゴ糖

母乳で育てられている赤ちゃんは下痢などの腸内感染症
にかかる可能性が低くなる
と言われています。その理由は、
赤ちゃんのウンチから推定できます。

母乳を飲んでいる赤ちゃんのウンチにはビフィズス菌
たくさん含まれています。母乳ではなく、粉ミルクを飲ん
でいる赤ちゃんのウンチの中にはビフィズス菌の量が
少なく、悪玉菌の大腸菌が多いです。

つまり、善玉菌の1つであるビフィズス菌が腸内環境を整え
さらに大腸菌などの繁殖を抑える働きがあるのです

なぜ、母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸にはビフィズス菌が
多いのでしょうか?

それは、母乳の中にビフィズス菌を元気にするオリゴ糖
含まれているからです。ビフィズス菌がオリゴ糖を摂取する
ことで元気になるのです。

オリゴ糖は、母乳だけでなくねぎや大豆、バナナなど色んな
食べ物に含まれています。さらに、最近ではオリゴ糖が便秘
解消の食品として売れれています。

ビフィズス菌の数は、歳を取るごとに減少します。なので、
何もしないでいるとビフィズス菌が徐々に少なくなり腸内
環境が乱れ、便秘になりやすくなってしまいます。

ビフィズス菌の入った食べ物を食べることで、ビフィズス菌
は元気になります。最近は、ヨーグルトやサプリメントなど
でビフィズス菌を摂取することができるようになりました。

しかし、体の外で作られたビフィズス菌は腸内に1日~1週
間程度しかとどまることが出来ないようなので、毎日摂取
することが大切です。

関連記事

関連記事がありません。