我慢したおならが息に|便秘すると口臭が酷くなることがある

おならを作っている成分は、70%が食べ物を食べるときに
一緒に入った空気、30%が食べ物から発生するガスです。
ガスは、大腸の中にいる腸内細菌が食べ物を分解、発酵させ
たときに発生します。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいます
善玉菌は芋や豆などの植物を分解、発酵をするので臭いガス
は作りません。しかし、悪玉菌は肉などの動物性たんぱく質
を腐食させるので臭いガスを作り出します

さらに、便秘になると腸の中に食べ物のカスが長時間留まる
ため発生するガスの量が増え、おならの回数が増えます。

この発生したガスがおならとなって出て行くのは、1日平均
10回と言われているのですが、外出していたり、周りに人
がいると我慢してしまうことが多いのではないでしょう。
この我慢したおならはどこに行ってしまうと思いますか?

我慢したおならは腸の壁から血液中に溶け出し、全身を回り
肺に到達したときに二酸化炭素などと一緒に取り出されます。
そして、取り出されたおならは、口から息として排出されます。

おならを我慢していると、息が臭くなります。

おならを我慢しなければ良いのですが、それを出来る人は
ごくわずか。ほとんどの人が、好きなときに好きなようにお
ならは出来ないですよね。となると、なるべくガスを発生
させないようにするしかないです。

おならを減らす方法。口臭対策

1.便秘を防ぐ
腸の中に食べ物のカスが溜まっている時間が長ければ長い
ほどガスの発生が増えます。
水分、乳酸菌、食物繊維、天然オリゴ糖などを多めに摂取し
ましょう。

2.炭酸飲料を飲みすぎない
ガスを発生する元になります。

3.ゆっくりとよく噛んで食事をする
早食いは多くの空気も一緒に食べてしまいます。さらに、
消化もよくありません。

4.ストレスを溜めすぎない
ストレスは腸の動きを鈍くして、便秘になる原因となります。

5.日本食中心の食事にする。
欧米型の食事は、悪玉菌が大好きな肉類や脂質が多く含まれ
ています。野菜が多く含まれている日本食にしましょう。

関連記事

関連記事がありません。