便秘解消に効果のあるビタミンC|乳酸菌を元気にする

便秘は腸内細菌の悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れている
ときに起こります。
善玉菌の乳酸菌は、長の動きを活発にして、便の通りを良く
してくれます。その乳酸菌を元気にするのがビタミンCです。

しかし、便秘にビタミンCが良いからと言っても、一度に大量に
取ってはいけません。適量であれば、腸の中に溜まっている
ウンチを柔らかくしてくれるのですが、取りすぎると下痢を
起こしてしまうことがあります。

下痢にならない程度の量を加減しながら、
毎日摂取することが大切です。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、ピーマンやトマト
などの野菜、キウイフルーツ、イチゴなどの果物です。
ビタミンCは水や熱に弱いので、料理するときは冷水でさっと
洗い、加熱する時間も短くしましょう。

熱を加えると煮汁や炒め汁に溶け出してしまうのでに、
スープやシチューなど煮汁も一緒に食べてしまう料理が適し
ています。

関連記事

関連記事がありません。